笑うチャイナ

10ねんに亘る中国駐在経験をもとに、おもしろおかしい中国人の生態を描きます

中国人とは㉒ 抜かれたら抜き返す!の運転手

最近北京や上海などの大都市では、多少ドライバーが交通ルールを守ろうとする気運も見られますが、基本的に中国のドライバーは運転が荒い

 

それはまるで子供に車という大きなオモチャを与えたようなものであり、

暴走、無謀な割り込み、逆走などはまだまだ日常的に遭遇する出来事です。

 

この乱暴な運転は一般ドライバーやタクシーだけでなく、会社が雇っている社用車のドライバーも例外ではありません。

 

出張でやってきた本社のVIPを乗せても、お構いなしにスピードを出し、網の目をくぐるように他の車をかわして疾走、肝を冷やす事もしばしば。

 

一方ドライバーはスピードを出しながら、しかし滑らかに他の車をかわして運転している自分を「出来るドライバー」と思っているので、気にも留めません。

 

そして自分が運転している車より排気量やサイズが小さい車に抜かれたりしたらもう大変!

後にVIPが乗っていてもお構いなし、キャノンボールよろしく果敢にアクセルを踏み込み、抜き返しにかかります

 

駐在先でドライバーを雇う際は、彼らの安全運転教育もお重要な仕事といえるでしょう。

 

             f:id:sudotom:20170803123303p:plain

中国人とは㉑ ニーハオトイレ今は昔

中国のトイレ事情、皆さんはご存知でしょうか?

 

「中国ってトイレに塀がなくって、用を足している時お互いの顔を見ながら、

『ニーハオ!』 って挨拶できるんでしょ?」という話題、

一度は聞いた事があると思います。

 

「ニーハオトイレ」はプライバシーと恥の文化を併せ持つ日本人にとって踏み絵のような所業ですね。

 

しかし実際のところ、中国トイレ事情はかなり進んでいます。

ある程度の都市なら街中の百貨店や食堂はほとんど個室の和式風トイレ。

空港やホテルなどは洋式が主流で、キレイなトイレも増えつつあります。

 

中国のトイレの弱点は「水力」

流す水の勢いが弱くて詰まりやすいので、

用を足したらまず一流し、

紙で拭いてまた流すの「二段流し」が安心でしょう。

 

またトイレ設備が進歩しても、トイレマナーの方はまだまだで、

便座に足をかけて用を足す人がいたり、

便器からオシッコを豪快に外す人がいたりで、

汚れている事が多いです。

 

飲みすぎてトイレで吐く時は、くれぐれも便器に手をつけたりしないよう注意したいところです。

 

また内陸の小都市ではまだまだ爽やかな挨拶が交わせるトイレが多いので、

視察などで街中に出る時はあらかじめホテルで用を足しておくなどの

「トイレマネジメント」が重要です。

 

 

               f:id:sudotom:20170721083902p:plain

中国人とは⑳ 謎の安全ピン・ピアス男

通勤時の地下鉄での話。

押し合いへし合いのラッシュで、たまたま隣に20代前半の男の子と居合わせたのだが、

彼の片耳には、2つの安全ピンのピアスが

5cmに接近して見ているので、間違いない。普通の安全ピンだ。

 

ん? これはファッション?

 

まじまじと見ながら考えていると、車内がゆれて、もう片方の耳が見えた。

こちらにも、耳元に安全ピンが一つ。

 

ん?ん?

 

両側にするのが、おしゃれか?

それとも、実用?

職業柄何かの時に、さっと耳からはずし、使おうとしているのかも。

 

ということで、中国人の友達に聞いてみると、

最初にピアスの穴を開ける時、安全ピンを使って開ける人はまだいるとか。

多分、この人は最初の穴あけをそのままにして外出したのでは?ということだ。

 

いやぁ~、それにしても白昼堂々、安全ピン・ピアスを装うとは、

人目を気にしないのか人目を気にしているのか

どっちなんだろう。謎だ。 

 

              f:id:sudotom:20170719071857p:plain

中国人とは⑲ トップダウン中国ビジネスの基本

中国は超がつくほどタテ社会

その昔、黒いカラスを見た皇帝が「あそこに白いカラスがいる!」と叫ぶと、

どこからともなく使用人が白いペンキを持って走ってきてそのカラスを白く塗った

という話があるとかないとか。

 

このタテ社会感覚、現代中国ビジネスでの場でもいかんなく発揮されます。

 

例えば、合弁会社のある日本人社員が、ローカル社員に対してプロセス管理を行うよう、その重要性を説いたとします。

社員は話を聞きながらウンウン頷きますが、実際にプロセス管理を採り入れるそぶりは見えず、

お話ありがとう。でも中国には中国のやり方があります。」と言わんばかり。

 

しかし、中国人董事長や総経理など中方のトップが一言「プロセス管理は重要だぞ。」

といった瞬間、皆が揃って「これからはプロセス管理の時代だ!」と言い始め、

その日から「いかにプロセス管理を行うか?」の大会議がアレンジされたりします。

 

本当にプロセス管理の重要性に気付いたわけではなく「上がそう言ったから重要。」

という、なんとも脱力な話なのですが、結果的に動いてくれるならよしという割り切りもアリ。

 

現場を動かしたい時は、まず中方トップと共有し、彼らの口から現場に伝えてもらうようにしましょう。

(トップとの共有が、また難しいんですけど・・・)

 

 

             f:id:sudotom:20170628211138p:plain

中国人とは⑱ 店舗建設 一夜城

あるメーカーが中国で最初の販売店を作った時に起こったホントの話

日本の本社から社長が視察に来る予定になっていた販売店の工事、大きなプレッシャーを抱えながらも、現地社員の「大丈夫です!」という報告を受けながら完成式まであと1ヶ月という所まで来たときのこと。

一度視察に行かないとと現地に入ると、まだその店舗は基礎工事を終えただけで、影も形もない状態。

慌てふためいて現地社員に「どうなってるんだ!」と問いただしても、

「予定通りです!」との返事。

 

その後完成式1週間前になってようやく建物の外側は完成出来たものの、内装は配線も床も全く手付かずの状態。

 

「俺は社長にどう報告すればいいんだ・・・」

クビも覚悟で落胆しきった日本人駐在員を見ても、

現地社員と建設現場の監督は「俺の面子に賭けてもやる。没問題※(問題ない)!

と最後の最後まで余裕の表情。  ※中国語で、「メイウエンティ」と言います。

 

そして日方駐在員が全てをあきらめ、本社への言い訳を考え始めた頃、中国パワーの炸裂が始まった。

完成式の数日前あたりから販売店の周囲に数百人単位でワーカーが集まりはじめ、怒涛の人海戦術による追い込み作業開始。

土台にコンクリートを流し込み、養生させたら即床張りの24時間フル稼働。

疲れた人と元気な人がバンバン入れ替わり、常に全力疾走の建て込みが続く。

そして完成式典当日の早朝、夜がしらじらと明ける頃には外観・内装ともに“見た目は”完璧な販売店が出現

 

ほっと胸をなでおろす日方駐在員達。

社長視察も無事終わり「中国人の追い込み作業はすごいな~!」と感心した刹那、

ワーカーがどこからともなくまた現れ始め、壁や床をはがし始め、

“本当の”内装作業を再開

 

社長が見た販売店は、豊臣秀吉もびっくりの一夜城だったのです。

まさに現場監督が言ったとおり、面子を賭けた部分だけはしっかり作り込んできました・・・。

 

             f:id:sudotom:20170626114032p:plain

中国人とは⑰ 痛風に注意

中国でビジネスをはじめると、現地の人からの宴席の招待が非常に多くなります。

 

「中国のビジネスはむしろ仕事の後の宴席で決まる。」という話を耳にする方も多いと思いますが、

確かに、宴席はリラックスした空間で、相手がこちらの様子を探って、

真意を確かめてきたり、向こうの心情を伝えてきたりと、様々な顔を持っており、

ビジネスをする上で必要な場になっています。

 

宴席の場ではそれなりに豪勢な料理が出てきます。

イセエビアワビなどの魚介類、子豚の丸焼き北京ダック

コッテリ系の炒め物にビール、ワイン、白酒・・・。

 

宴席でなされる会話より、

この宴席で出てくる料理こそが、中国ビジネスでやっかいなものと言えるでしょう。

 

連日、立て続けに食べ「そろそろやばいなぁ」と思いつつも、

実際には大変美味しいため、ブレーキがなかなかかけられず、

さみだれてきに続く宴席のなか健康管理は徐々に怠りがちに。

 

そして、ある日突然やってくる足の指の激痛

中国駐在員が痛風を患うのは決して珍しいケースではありません。

 

とにかく「いつ痛風になってもおかしくない」という警戒のもと、

日ごろから水を多めに飲んだり、適度に運動をするなど、

突然襲ってくる病に対する防衛措置は欠かせません。

 

               f:id:sudotom:20170621084125p:plain

中国人とは⑯ 中央政府の公務員は学生のあこがれ

政府の公務員になる事は若い学生の憧れであり、

中央政府の役人ともなればその人気は絶大です。

 

「政府の公務員になって、中国の発展に貢献したい!」

こんな清い志を持って憧れを抱く人も多いと思いますが、

政府の公務員にはもう一つ、大きな“こうけん”という魅力があります。

それは「公権」。

 

政府の役人は日々の暮らしの制度から商業活動における制度まで、大きな権限を持っています。

なので、とにかくお役人さんから許可をもらえないと、申請が進まなかったり、認可がもらえなかったりします。

 

商売上必要な申請書類を提出しに行っても、

あれが足りない」「ここを書き直して」、

はたまた、「今日は担当が忙しいので、また日を改めてきてください」となる事が多く、

提出後もなかなか申請に対する返答が来ず、手続きで数日、ひどい時は数ヶ月を要することもしばしば。

 

お役人さんから速やかに申請や許可をいただくために、

皆、“あれこれ”工夫を凝らしてお役人様詣でを行い、莫大な利権の構造が生まれます。

 

官僚ともなるとどんな国でもこういった構造を抱えているものですが、

中国でもお役人さんの力は絶大で、幅を利かせられる存在として、いろんな階層で君臨します。

 

上昇志向の強い現代中国の若者にとって、政府の公務員が憧れの職場になる事は十分頷ける話なのです。

 

   

              f:id:sudotom:20170620085531p:plain